2020年07月11日(土)プログラミング教室

梅雨で雨ばかり続きますが、今日も元気にプログラミングの授業をしました。

コロナの影響でいろいろと世の中の予定も変化していますが、今年もプログラミングのコンクールに作品を応募することを目標に、課題が早く終わった生徒には「作品アイデアシート」を書いてもらい、自らのアイデアをもとにプログラムを作る練習をしました。

【授業中の生徒との雑談より】

中学校1年生の生徒は、中学入学と同時にいきなりコロナの影響を受けて、充分な学校での学習がないまま、コロナ禍でこの時期にずれこんだ中間試験への取り組み方について、小学校のテストと中学校のテストの違いが大きく戸惑いがある様子でした。

さらには中学3年生の生徒は、学校の中間試験の3日後に英検3級の1次試験を受ける予定があり、学習が間に合わないなど、コロナの影響で生徒たちにもいつもとは違う悩みが多くあるように見えます。

プログラミングの話だけではなくて、そういったことも生徒たちと話して、私の方でも可能な限りのアドバイスをしましたが、なかなかいつも通りの学校生活とは程遠い状況だなぁと感じます。

私のような大人でさえも例年と違う状況に様々な対処方法を想像したり模索しながら進めているので、子ども達にとっては非常にストレスになっていると思います。お家の方でも子供たちの変化について少し気にしてもらって、何か感じたら学校や通っている塾などに相談して頂けたらなと思います。